2002年11月17日

鎌倉

今日は江ノ電沿いで。
江ノ島。やけに階段とネコが多い。先にある洞窟に寄る。ロウソクを手渡れるほど暗い。夏は一杯なんやろうけど、さすがに秋は空いている。ってか寂しい。
江ノ島から稲村ヶ崎の間、江ノ電乗ったり降りたりを繰り返す。お寺寄ったり、ロケ地周りしたり。
江ノ電は距離自体は短いが、海沿いや家のスキマや山の中や走ってたり、いろんなペイントの車両があったりでおもしろい。

昨日、あまり見れなかった鎌倉駅周辺を歩き、紫いもに、鳩サブレに、せんべいと食べ歩き。

さすが鎌倉、お寺が多く、京都出身としてはおちつく感じ。海もあるし散歩していて良い。横浜も近いし住むのにいいところだと感じた。


帰り、小田原から新幹線に乗る予定だったが、小田原-熱海が近いことに気が付いたので、熱海へ。駅前温泉に寄って帰る。また熱海にはゆっくり来よう。


2003年7月12日

飛騨高山-上高地 1日目

BigDaddyチームで奥飛騨へ。
オレはみんなより近いと言うこともあって一足お先に飛騨入りし、高山の北にある古川を散策。NHKの朝の連ドラ「さくら」の舞台になったロウソク屋さんなどに寄る。
平湯温泉にてみんなと集合。ひらゆの森という温泉施設に寄る。
で、宿の奥飛ログハウスへ。貸し切りのロッジに、貸し切りの温泉も付いていていい。

2003年10月 3日

阿寺七滝 下呂温泉

愛知県鳳来町にある阿寺の七滝へ。
駐車場から徒歩15分ほどで到着。
64mの高さで静かに落ちる滝。愛知県で唯一日本の滝百選に選ばれている滝らしい。


まだまだ時間的に早いので、257号線を逆方向にひた走り、夕方に辿り着いた、下呂温泉。
古い温泉街って感じ。外湯は少ない。でも各ホテルのお風呂を回れる湯巡り手形があるらしい。
泉質はアルカリ性単純泉。透明で無臭、なめらかな感じ。
温泉に入ってからすっかり暗くなってしまっていたが温泉街を回る。ゆあみ屋って飛騨地方のお土産があるお店が、足湯に温泉玉子もいただけてよかった。

しかし、蓬莱に行くつもりがえらい遠くまでいってしまったものだ。
そして何を思ったかまた逆方向に走る。

2004年2月14日

愛知県東栄町1ー2 とうえい温泉

蔦の滝のとなりに二年前にできた<とうえい温泉>
日本でも数少ない療養泉だそうで、温泉の基準になる成分が普通の温泉の数倍含まれ
ているらしい。
お湯は透明さらさら。塩分が強い感じで持続時間が長い。いくつかあるお湯の温度が
いろいろなのでのぼせずに長く入っていられた。
建物内のお風呂場へ向かう廊下が床暖房になっていたのに関心。食事もできてゆっく
りできました。しかもおいしくて安かった。
いろいろいたれりつくせりでよいところだった。
温泉スタンドも併設されていた。しかも100円で200リットルってお得な感じ。

2004年2月22日

三重県1−4 伊勢うどん-愛知県安城市コロナの湯

伊勢神宮参拝後、話に聞いていた伊勢うどんを食べに行く。
伊勢うどんは、太めのうどんに、濃いめのだしを絡めながらいただくというめずらしいもの。一見すごい濃い味なのかと思ったが、それほど濃い味ではなく甘辛い感じのだしが絶妙であった。最近の讃岐うどんブームに続き、伊勢うどんもはやっていただきたい。
たまたま伊勢うどんを食べに立ち寄ったこの店、なかなか押しの強い店のおじさんで、「トイレが綺麗なのが自慢です」と何度も言うので「どーせ掃除して綺麗なのやろなぁ」と思いながら見てみると壁の上まで一面植物だらけの植物園のハウス状態であった。これはスゴイとしか言えない。

最後に温泉でも入りたいな、ということで、帰り道にある安城市のコロナワールド内の温泉コロナの湯へ。ここに行くのは3度目。この泉質は無色透明さらさらで、少ししょっぱい感じで多少塩素系のにおい。ここはなんと言っても露天風呂が広く、空がスコーンと広く見渡せる開放感が特徴。またAM1時までやっているうえ、550円というのも魅力。一番好きなのは、お湯が流れているところにごろんと寝転がる寝湯。冬の夜でも寒くなく、長く寝ててものぼせることはなく、耳元で流れる温水の音がこれまたよい。
もうここは定番やな。


では あしたも良い日でありますように

2004年3月13日

野沢温泉村1-3 初日午後:温泉街散策

野沢温泉に到着してたった7時間ほどで東京へ向かう友人を見送り、他のボー
ダーな友人たちはまだゲレンデにいるので、一人散歩に出かける。
野沢温泉には13の無料の外湯があり、それぞれ脱衣所から湯船までが一間で、広さは場所にもよるが四畳から十畳と比較的狭いのが特徴。
泉質は場所によって若干の違いはあるが基本的に硫黄泉で独特のにおいを放っており、無色だが湯ノ花が混じっている。その湯ノ花で表の溝は真っ白になっている。
そんなことはともかく、お湯が罰ゲーム級に熱い。どこに行っても常に誰かが「熱い」と叫んでいる。
はじめに入った「河原湯」にて、入ってくる人みんなに話しかけるいかにもお話好きなおじいさんがおられて、毎回同じ話をされるのだが、おかげで普通の温泉なら他の人と話すことなんてないのに、あの狭さやお湯の熱さによるテンションの向上があってか、見ず知らずの人と話すことができたのがよかった。

この日は「河原湯」「麻釜湯」「十王堂の湯」の3つに入った。
「十王堂の湯」などの表には温泉卵を作る用のお湯が流れているところがあり、温泉に入っている間に温泉卵を作れるようになっていた。できたての温泉卵はもちろんとろっとした具合もよいのだが、暖かく、甘みがあった。

夜には、皆と飲み屋に行った。が、みんな深夜の移動と一日中滑っていたのでお疲れの様子であった。
(なお、温泉卵用の卵はこの店の方に無理言って分けてもらった。ありがたい。)

歩いていると、小川や水の溜まるところがたくさんあり、どこにいても水の流れを聞くことができるのもこの町の特徴に思えた。

2004年3月14日

野沢温泉村1-4 2日目も温泉街散策

この日は、滑る組2人と温泉組4人に分かれて行動。もちろん温泉組に参加。
何かと4人で分けることでいろいろ食べ歩きをしながら、おみやげを買いつつ温泉に向かう。
この日の温泉は「大湯」。千と千尋の神隠しを思わせる建物であり、中は吹き抜けでこれも気持ちがよい。
ここは、「ぬる湯」と「熱湯」に分かれているところがありがたいよーに思われたが、「ぬる湯」といっても熱いもんは熱い。
しかし、この時にはこの熱さがすっかり癖になってしまい、「こーでないとな」とすっかり常連な気分になっていた。
なお、大湯の表には足湯もあり、入る人入る人みな見せ物になっていた。

その後クアハウスに。ここは有料であるが、温度も適温で硫黄臭も薄目になっており、だれでも楽しめるようになっていた。
またここには、寝湯、打たせ湯、などの様々な内湯と、露天風呂もある。しかし、露天風呂と内湯が敷地内の別の場所にあり、移動するのにいちいち服を着ないといけないのがめんどうであったが、来月1ヶ月かけて改修工事をするとのことだったので、今度は期待できそうだ。

昼過ぎに滑り組と合流し、(ここの宿の恒例行事なのか?)女将さんも一緒に記念写真を撮り、お世話になったマルケン山荘を後にする。
お昼には野沢温泉村街入り口付近の「そばしげ」にて信州そばを食べる。そのお店では、そばを打つ量が決まっているらしく、我々が入ったあと2組でそばが売り切れて、日曜の昼下がりだというのに閉店となった。天ぷらそば最高であった。

そして帰路に着く。運転手さんご苦労さん。


2004年3月20日

ならここの湯1

「最近できた温泉特集」より、掛川市北部の森の都「ならここの湯」へ。
うちから約50km、渋滞にひっかかりつつ愛車にて1.5時間。
掛川市街を離れ、大丈夫なのだろうかと思ってしまう狭い道を走り抜けた山間にある。
周りにはなにもないが、キャンプ場やコテージが併設しているので、そっちを目的に行ってもよい感じ。

泉質はナトリウム塩化物泉。強めのしょっぱさで少し滑りをもった無色のお湯。露天と内湯が一つずつ。
建物は木とコンクリートでできておりその感じもよく、またオープンして半年ほどなのでかなり綺麗。おけや腰掛けがしっかりとした木でできている徹底ぶり。
ここの露天は開放感がスゴイ。周りが山であることも含め気持ちがよい。桜祭りが開かれるほど周りには桜の木があり、露天風呂からも桜の木が見えていた。もう少ししてからだと露天からの桜が綺麗そう。
夏は山の緑、秋は紅葉、冬は雪と、この開放感と周りの山のおかげで四季折々の風景が楽しめそう。

お湯加減もよく、それほど観光地化しているわけでもないので、人の出入りも少なくゆっくり長ーく入ってられる。
ナトリウム塩化物泉というのもあってか、つるつる感がすごく長持ちするいい温泉であった。

ここは、時間があったらまた行きたい。

2004年3月27日

三重県久居市1-2 榊原温泉湯の瀬

青山高原のふもとにある榊原温泉。
街並みはそれほど温泉街とも観光地という感じともなく、ゆっくーりのんびーり
生活しておられるという感じ。

外湯は少なくここの湯ノ瀬くらいかな。表の菜の花畑がいい感じであった。
泉質はアルカリ単純泉で、ヌルヌルした手触り。これがなんかクセになる。
上がったあともすべすべが長持ち。

おけ型の露天風呂があり、天気がよかったモノあるがこれがまた気持ちがよい。
でもっていつものことながら寝湯がきもちよい。
また、久居市名物のなしジュースが風呂上がりに最高である。
ここには食事などの持ち込みが自由な広い休憩所があり、ゆっくりくつろげる。
レストランはないが近所のお店に出前を頼むことができる。
付属のテニスコート(一時間500円)もあった。

2004年4月17日

サイクリング1-3 八扇乃湯

近いとなかなか行かないもので、噂にはよいと聞いていた天竜川河口付近にある八扇乃湯へ。入り口は大きな旅館のような感じ。
露天の開放感がよく、竹林が見えるのもありがたい。安城より露天は狭いのだが、まだ知られていないせいか、場所的に観光客がこないせいか、すいていたのですごーくゆったーりできた。
泉質はナトリウムマグネシウム泉で、無色無臭。とくにマグネシウム含有量が日
本トップクラスとのこと。入っているときはそれほど温泉という感じはしないが、上がってからのさらさら感で納得である。
近くにこんないいとこがあるとは。車なら気楽にいけそうだ。


そして、まったりしたところで長い帰路につく。すっかり疲れた時に見た、佐鳴湖の夕日が綺麗であった。
帰ってから見たニュースによると27度もあったらしい。
・・・・どーりで異常に疲れたわけだ。