2004年5月23日

藍色夏恋

台湾映画。
最近ではすっかり見られない、高校生のスゴく純粋な恋愛もの。とはいえそんな古ぼけた感じはしない。

とにかく画がいい。特に色の感じがいい。ストーリーや演出がさわやかに描かれているところにマッチしている。
(台湾というそれほど離れていない国だからというのもあるのかもしれないが)、国の違い文化の違いとか関係なく、ストーリーや登場人物の感情なんかもわかりやすく、雰囲気がよく見やすいいい映画であった。

2004年5月30日

下妻物語

失礼ながら数週間前までネタ的に見に行きたかった映画。
でも最近映画を見に行ったときの予告で流れるのを見るたびにおもしろそうに感じていた。
たいがい映画は一人で見に行くことが多いけど、これは一人ではキツいなぁと思ってた矢先に、7人で見に行くことに。

主役のお二人が想像以上にハマリ役やった。素なのか演出がよいのか。
表現とかもおもしろかったし、テンポもよかった。そして笑えた。
やっぱ仲間ってよいですな。

# 人は幸せを手にする・・・・のくだりが久々にグサッと来た

2004年6月11日

ソウルフラワーユニオン

ソウルフラワーユニオンのファンは年齢層が広いということを聞いていて、それも楽しみにしていたのだが、
期待を裏切らず若者からスーツで来ているサラリーマンまで、おとなしそうな人から派手な人まで、まあいろいろであった。
しかし、昔のライブTシャツとかを着ている方もおられて、ニワカファンがいないという感じ。(ちょっと申し訳ない感じであったが)

おとなしく聴く感じなのかなと思っていたが、一曲目始まると共にうしろから一気に押されてステージ前はギュウギュウ詰めになり、いきなり絶好調な盛り上がり。
それでこっちまでスイッチが入ったのか?それともあの歌ってる顔にやられたのか?
渋谷クアトロということで、オールスタンディング。気がついたら3?4列目にいて、ずーっと跳んでいた。スーツ用の革靴やのに。でもって、「フューーーー」とか叫びまくっていた。
足パンパン、手上がらん、ノドガラガラ。汗だくだく。いやー楽しめた。

帰り出口付近であらためてお客さんを見ていると、おじさまおばさまあたりの方が「おひさしぶりです」と挨拶されておられた。ライブでしか会わなり仲間にあうのも楽しみにしておられるんだろなと感じられた。なんか、いいなぁ。

・・・これは13日に書いている。
ライブ行く数日前に友人からソウルフラワーユニオンのCDを4枚借りた。
その印象では、黙々と歌い上げておられるのであろうと思っていたが、
帰って来てCD聞き直すと、もう、あの顔しか出てこなくて笑えてくる。
でも、ライブに行って、あの顔みながら、一見なんの共通点もなさそうなファンのみなさんとはしゃぐのがたのしめる、ライブで楽しむべきアーティストであるなと思った。
今度は、秋の名古屋。


自分では聴かないアーティストでも、きっかけあれば聴きに行きたいなと思う。

2004年7月18日

スチームボーイ

2人して、スチームボーイを見に行こうかどうしようかと悩んでいたので、じゃあ見に行こうと車を走らせる。

浜松のZAZAでは、時間が微妙であったので豊橋のワーナーマイカルシネマへ向かうことに。
高速で浜松を通過して、豊川へ。(なかなか通過ってしないとこなので変な感じ)

ちょっと道を間違えながらも、豊川SATYへ到着。やっぱ地図いるなぁ。
実は時間は調べていなかったが、運良く30分後からスタートであった。しかもレイトショーで1000円。

科学の使い道。生活が便利にもなるが、使い方を間違えると悲劇につながる。実際現在の技術もそういう悲劇を越えて進んできたものがおおいわけで、理想と現実のギャップがある。
そんなのを改めて感じる。

科学がテーマであるが、うだうだした説明がなくてわかりやすいのがよかった。
続編もあるらしいので、期待しておこう。


2004年7月31日

マッハ

寮に帰って洗濯してると夕飯に誘われる。
定食屋(?)海門にて、大盛り野菜炒めを戴く。3人前くらいの野菜炒めで見た目エライ多い。

で、このメンバーなので、どっか行くか→映画でも→豊川?いや温泉も入りたいし安城。
ということで安城のいつものコロナワールドへ。
映画の時間を見て、温泉はあきらめ、話題のムエタイ映画「マッハ」を見る。
これはおもろい!一切の小細工なし、文字通り体当たり。
ここまで徹底的にやられると「おーーー」と言うしかない。


いやー今日は盛りだくさんであった。

2004年8月21日

華氏911-横綱

華氏911。うーん、そうなんやー。という感じ。
政府側からみたらどうなんやろか気になる。

記録映画ってのはどうなん?と疑問であったのだが、ただのドキュメンタリーでなく、映画というメディアを使うことで、世界中に広められるので、これは大きな効果があると思った。

映画の前に横綱へ。やっぱり、スープ赤でネギたっぷりは必須ですなあ。


2004年8月24日

Bump of chickenニューアルバム

新作アルバム「ユグドラシル」購入。
やはり今回も展開のある歌詞がいい。

前作のJupiterと共に定番CDやな。


2004年8月29日

MUSA

時代背景とかの細かいことが分からなくても分かるほど わかりやすいストーリーで、ちょっと強引なところもあるが、 なかなかおもしろいストーリーであった。

高麗と明の話ということで、韓国と中国語の両方がでてくるのがよい。
あと、槍の人がカッコいい。

ただ、目を背けてしまうようなリアルな戦闘シーンが多かったのがちょっとなぁ。


2004年9月 3日

LOVERS

ストーリーが最初から最後まで意外な展開が続いた。 でも、わかりやすく、ちゃんとキャラクターの個性も心情も大切に扱われていて、うまく表現されていて、 画も綺麗ですばらしい。

「英雄」のように「ちょっとやりすぎやろ」ってな特殊効果のアクションも気持ちよい感じになっていた。
スゴクバランスの良い、いい映画であった。

これはかなりオススメ。

2004年9月23日

上々颱風

アルバム全部もってるという先輩から借りる。 こんなに出ているとは。この中でも「2」はやっぱりいいらしい。