2003年1月15日

韓国出張 1日目

ソウル出張。

自身久々の海外。でも韓国って近い。
空港まで先に現地入りされていた営業の方に迎えに来てもらい、今日は今回の仕事のセッティングをやってくださった現法の社長にご挨拶。御立派なビルやった。
そして、今回お世話になる梨泰院(イテウォン)のスタジオへ行き、打ち合わせ。
ヒップホップな感じの兄ちゃんが社長で、小柄ながらも姉御って呼びたくなるような女性がエンジニアのスタジオ。ここは、オーケストラの収録もできるかなりいいところらしい。ビルの外見とは違ってきれい。
打ち合わせは軽く済ませ、日本は、、韓国は、、、とか兄ちゃんとお話しする。

夜、焼き肉食べに連れて行ってもらう。
ウワサ通り、まず机はナムルで埋まる。そして肉は多い。キムチは混じりっけなくストレートにうまい。肉はいうまでもない。

ホテルの予約は営業の方にお任せしたのだが
・・・一人やのに、ゼミダブルのベットが2つあってもまだまだ広い部屋
・・・良すぎだ。


あくまで出張。観光ではない。

2003年1月16日

韓国出張 2日目

今日は直接タクシーでスタジオへ。オレの韓国語でもなんとかなるらしい。
一緒に仕事しているネイティブの方が説明してくれて姉御が黙々と取ってくれる。たまにコレはどうなんだい、と討論になる。たまに分かるのと最終はオレなのでちょこちょこ参加。

スタジオにSound&Recordingの韓国版があり、いくつか飾ってるので何が違うのか聞くと、こっちのはここでレコーディングしたアーティストだ、と言う。
とまあ、無事仕事終える。
で、さっきアーティストを聞いたのでそのCDを買おうと思い、一緒に仕事している方にお願いして、ソウルでいやアジアで最大のモールコエックス・モールへ。
本屋一つとっても広いショッピングモールにレストラン、フードコート、はもちろん、映画館、クラブ、キムチ博物館、あげく韓国最大の水族館まである。
こんなデカイのが都心にある。見た目も水をテーマに作られたところですごくいい。見て回るのに1日じゃ足りないくらい。
そこで目的のCDを何枚か購入。なかでも「COOL」最高。

そして、今日も焼き肉をおごってもらう。

あくまで出張である。

2003年1月17日

韓国出張 3日目

朝早起きしてホテルの周り、早くスタジオへ向かい街中を散歩する。
普通に住宅街の朝で、見る顔もたいして日本と変わらないのだが、あっちこっちがハングルでおもしろい。

今日も姉御が取ってくれる。昨日は無駄口たたかず黙々と取っていたが、今日は「日本語勉強したいんだけど」みたいなことを言ってきて世間話なんかも。
ほんと気持ちよく仕事ができた。お世話になりました。

今日はソウルの生活がどんなものか見たいので、市場調査も兼ね、鉄道やバスで移動。そしてソウル1の繁華街、江南を歩く。

目に付いたもの。
みんな携帯は持っていて、電話している。
日本ではみんな携帯でメールしたりと携帯を見ている感じだが、ソウルでは話しているというところで違いを感じた。(そっちの方が本来の用途やな)
そして携帯電話は小さい。電話がメインなので、画面もボタンも大きくする必要がないんだろう。

次ぎに、年上はエライ。たむろっている青年たちに、どうみても知り合いでないお兄さんが「火貸して」と示せば、青年達はおしゃべりをやめライターを出す。いやいやな感じはない。

他に、大通りの一番左車線はUターンレーン。(韓国は車は右側を走行)大通りでは左折できないので、ところどころUターン専用レーンが用意されており、左折したいところを行きすぎてUターンしてから曲がるらしい。
そうすることで、日本である右折車渋滞は起こらない。これ日本も導入して欲しい。
髪の毛を染めてる人は少ない。男の人はテクノカットが普通。女性はちょっと強そうに見えるプチ整形が流行。
洋画の上映は日本よりかなり早い。
微妙な日本語が多い。「マツサーヅ」とか。あー教えてあげたい。
たい焼きでなくフナ焼き。露店で売ってる。ちっちゃくてかわいい。


いやー楽しい。

観光ではありません。出張です。

2003年1月18日

韓国出張 4日目

朝一で帰国。
帰国して、名古屋空港から名古屋駅へ。そして浜松へ。
雑踏の声がみんな韓国語に聞こえてしまうから不思議。