2008年10月 3日

展示会

とある展示会見に幕張まで。そういや2週連続関東か。
大きな展示会に行くと、やはりトレンドが感じられるというのがいい。

うちの会社のブースにも寄ってみると、興味持って見に来てくださるお客さんが多くて説明員さんは大変そうにしていた。友人たちも含め知った顔ばかりが説明員というのもあってか、ビジネスビジネスした展示会なのに、なんならちょっとしたお祭りな印象を感じたテンションのブースやった。お疲れ様でした。

2008年10月 4日

買い物

毎日楽しみに見ている、目新しいアイデアとか新奇なデザインを掲載してるサイトで紹介されていたモノで、いくつか実際に見てみたいのがあったのでソレらを探しがてらあっちこっち回る。(結局一個も見つからなかったけど・・・)
ネットでちゃんと探せば、取り扱っている店とか、海外からとか買えるんかもしれんが、自分でお店に出向いて、目的なくなんとなく見て回っていると、特に興味なかったところから新しい発見や驚きがあっていい。

いつのまにやら白いYチェアも出ていた。

2008年10月12日

お祭り

今日はあっちこっちで通行止めをくらう。どうやらこの週末は市内中でお祭りらしい。
うちの町内の神社でも知らんうちに始まっていた。
回覧板が間に合わず、事後報告で回ってくるんやろなぁ。

2008年10月13日

強い

折れちゃったと思ってた枝が、しっかりと上に向かって伸び続けて、ついに花を咲かせた。
すごいなぁ。

2008年10月18日

スーツ買いに

スーツを着る機会が増えたからせめてもう一着欲しいなと思い、一着欲しかったお店までお出かけ。ちょいっと高かったけど、気に入った生地のんがあったので購入。
っと、あっさり用が済んだので帰路はあっちこっち回りながら。
今日は夏日やったみたいやけど、夕方にはやっぱり冷っとくるし、すすきもいい感じ。

2008年10月19日

和傘っポイ

長らく使ってきたジャンプ傘がジャンプしっぱなしになってしまったので新しいのを買いに。
やけに重くてゴツイの発見。開いたら骨が多い。和傘よりも少ないけどもかなり丸い。
重いとか、60cmサイズしかないとか、骨が多くポタポタ雫が垂れる箇所が増えるとか、ええとこ思いつかんかったけど、買ってしまった。


2008年10月20日

最近見た映画

パコと魔法の絵本
ろくでもない大人たちがそれぞれの思いを胸に、一日で記憶をなくしてしまう少女に思い出を残してもらおうと奮闘する話。セットやセリフ、演技など全体的な派手さが中島哲也監督らしい。絵本のストーリーとのシンクロ具合とかおもしろい話やった。いい意味で裏切られた。客席には子供が多かったけど、子供向けではないと思う。

イキガミ
千人に一人の確率で若者の命が奪われる国家繁栄維持法。その選ばれた人のために動く、死亡予告証を届ける公務員の話。オムニバス的な展開で国家繁栄維持法と選ばれた人のいろんな面が描かれていて、それぞれ泣けるところありでよかったが、うーん、全体的にみると微妙な展開やったかな。でも松田翔太さんに山田孝之さんはじめ、役者陣がよかった。
なんか、最近コミックの映画化がやけに多いような・・・。

容疑者Xの献身
新米刑事を助け難事件の謎を解く通称ガリレオ先生シリーズの映画化。いやー実に面白い。これまでのあらすじ、ドラマシリーズお約束のシーンなどはなく、どんな人達なのかをあっさり紹介して始まるといった、無駄なく映画版を作成されている感じ。科学で解けない愛や親友が犯人ではないかとの推理に動揺したりと、人間らしいガリレオ先生の一面や、容疑者側もしっかり描かれていていい作品やった。しかし、堤真一さんの役の幅が広いなぁ。どんな役も無理がないのがすごい。

アイアンマン
自社の兵器がテロリストに渡っていることを知った軍需産業会社の社長が、自ら開発した戦闘スーツでテロリストに立ち向かう。そこそこワルな性格とか、特殊能力を持っているわけでないとか、他のスーパーヒーローものと違って人間っポイ感じの主人公ってのがいい。一時期、マイノリティレポートみたいなインタフェースってのがはやったけど、メカ屋さんではアイアンマンみたいなやつっての流行りそうな開発現場もおもしろかった。

ゲットスマート
べったべたなおとぼけスパイアクション。極秘スパイ機関のエージェントが、これでもかってほど、澄ました顔してことごとくボケ倒してくれ、最初から最後まで笑いっぱなし。60年代のスパイドラマの映画化ということで、そんなテイストがしっかり描かれている感じ。そんな中でも、パートナー役のアンハサウェイはカッコいいし、アクションシーンもちゃんと織り込まれていて、ただのおとぼけでなくよくできた映画やった。

イーグルアイ
謎の女からの脅迫により強制的に命令を受けさせられる男女の、進みすぎた技術へ警鐘ってSF映画。こういうのこれまでもいろいろあったけど、この作品は、街頭カメラ、通話時以外の携帯電話や水面の揺れからの盗聴、交通信号やクレーン車の遠隔操作、今となってはみんなできる時代になったので、もうSFでもないものを用いているところがリアルな感じ。

2008年10月25日

お食事会

OSTERIA DA MICHELE
小さくて、アットホームな感じのお店。おまかせのコースをいただく。お料理はシンプルでストレートなイタリアン。お店の雰囲気そのままのおちつく味。お店ご自慢のエスプレッソもおいしい。
ひさびさワイン飲んだからか、なんか変なテンション。

なんとなく そういう話になったので、風車(夜景?)を見に蔵王山まで。住宅街や電照菊のビニールハウスの灯りが遠くまで広がっていてきれい。
夜10時やというのに妙な遊びをしている若者たちやらで結構人が多かった。
お昼はまだまだあったかいけど、夜はすっかり寒くなったな。

2008年10月26日

今年も

11月1週目といえば大道芸。
(本屋さんでコレ見つけるまですっかり忘れてた。)

今年はディアボロな人が多いみたいなので楽しみ。
でも時間がかぶってるやないですか!なぜに