2005年6月19日

友人の結婚式

友人の結婚式。受付での写真係を頼まれ、朝から三脚買って式場のアクトへ。
式場、披露宴会場は45階にあり、見晴らしは最高。披露宴会場でのカメラ設置を済ませ、集合写真を撮って式場へ。式場は白ベースの半円型の部屋で、列席も半円に並んでおりオープンな感じ。街が一望できるのもいい。
緊張してる(のかどうかは微妙だったが)二人に、笑顔でリラックスさせる神父さんの配慮もあって、すごく爽やかで気持ちのいい式だった。式が終わって新郎新婦に、シャボン玉によるバブルシャワー(とか言ってたかな?)で花道を作った。これがすごく綺麗だった。

先回りして披露宴会場に行き、受付を済ませた方の写真をとりまくる(三脚買っておいてよかった)。無事仕事を終え披露宴。新郎(Key)、新郎の職場の方(Vi)、花嫁(タクトの代わりに花1輪での指揮)の演奏や、花嫁の兄さんズによる歌、オレまでやらせてもらった突然のスピーチ(うまくまとめたつもりやけどなぁ・・・。まあ花嫁がよかったって言ってくれたのでよしとしよう。)、花嫁が学生時代に作り、学校紹介のパンフにも載っている漆工芸の展示などなどあり、距離の近い楽しい披露宴だった。

その後、二次会へ。広い店ではなかったが、50人くらいで盛り上がるにはちょうどいい感じ。花嫁の家族全員参加というのも変わってる。ほんと家族ぐるみで仲がいいんやなぁと思う。セッティングからドラミちゃんやモンゴルマンの変装、新郎新婦エピソードゲームなどなど、友人たちの入念な準備と気配りもあり、すごく盛り上がっていい会だった。

二次会後、オープンカーではないがオレの車で新郎新婦を送っていく間、疲れたなんて一言も言わず、「いや?ほんとみんなに感謝だよ?」と二人とも言っていたので、彼らにとってほんまにいい一日になったようだ。

二人とも、おっとりしてて、旅行好きで、ちょっと考え方が変わってたり、その他にも両方の親族・友達から話を聞いてもよく似た二人で、これからも2倍の勢いで少し変わった路線をつき進んでいくんやろなぁ。

お二人がいつまでも幸せでありますように。

コメント[2]

知らない人だけどおめでとー!

じゃあ代返して「知らない人だけど、ありがとー」

コメントする