2006年8月27日

UDON

今日は浜名湖で夏フェスがあったからか、駅周辺日曜の夜でもめずらしく(?)人がいっぱい。ただ、小さいスーツケース持った若者が多いって感じやけど。 遅めの夕食を食べていざ。

「UDON」
世界の人々を笑わすとニューヨークへ渡ったものの夢やぶれて故郷の讃岐へ帰郷した香助が、友人の紹介でタウン誌の出版社で働くことに。香助達が起こす「うどんブーム」とそれに巻き込まれる(?)人達の話。
最初からコントやんって感じがテンポ良く続いておかしくて笑いっぱなし。とくにユースケとトータスの、演技やないやんってほどのトークのような掛け合いがいい。
そして、ただのコメディではなくて、ブームが起こる過程とその裏側にあるもの等のドキュメンタリーや、香助と頑固おやじを始めタウン誌のスタッフとのじーんと来るヒューマンドラマもきちっと織り込まれていて、予告を見て思っていたよりも中身があっていい作品やった。
うどん屋さんが数多く出てきてその店の特徴などを説明されるのだが、それぞれホントにそこで働いている人が出演されているようでその生な感じもいい。

うどんの食べ方とかの説明を聞いてるとご飯食べたとこやのに食べたくなってきたり、香川に行ったときに友人に連れて行ってもらったお店の名前がちらっと出てきてまた行きたくなった。

コメント[2]

ごえもUDON見ました?!!!
いつも映画って
前知識なしで行くので
ただうどんが食べたくなる映画かとかるーく見に行ったんですがブームがきてる間の地元での出来事やブームが去った後のちょっと寂しい感じや
親父さんとの親子の部分もちゃんと描かれていてすごく良かったですよね。
帰り道にはお決まりコースでさぬきうどん食べて帰りました(^-^)

そうですね。
予告ではただのコメディだったのですが、
うまい具合にやられましたね。

帰りにさぬきうどんってコースいいですね。
今日はうどんにするか。