2019年4月29日

ギリシャ旅行 -ミコノス到着-

20年ぶりのアテネ空港。こんなんやったかなぁという印象だが、オイリーな香りに懐かしく感じた。シェンゲン内と外の2つのターミナルがピタッとくっついているのでわかりやすく乗り換えが楽。空港内にアクロポリスの出土品が並べられたコーナーがあった。ギリシャ感を出すどころか本物があるというのはすごくいい。そんなこんなで3時間ほどのトランジットゆっくり過ごせた。

上空からは青い海と集落がポツポツある島が点々とあって、いかにもエーゲ海。そんなのを見てたらアテネからほんの45分のあっというまにミコノス島到着。大変コンパクトな空港、ながらも観光地なんで空港の外で待っている車の数はすごい。車をお願いしていたので、待ったり説明することもなくささっとのりこみあっという間にホテルに到着。ミコノスの白いお家のようなホテル。お部屋も真っ白でいい感じ。なによりフロントの方が日本語を話せるというかなり驚き。
もう6時なのだけどもまだまだ明るいので夕食がてら散歩に出ることに。

来る前は、白い家と石畳はどの辺なのかと思っていたが、なんてことない、すべてがそれ。
迷路のように入り組んでおり、おしゃれなお店とレストランがずらっと並んでいて、そのなかにちょいちょい普通のお家もあり生活感もある。
すばらしい。
20時前になってようやく夕焼け。海に沈む夕日を見るのは世界中どこも同じ。ただ、今日は天気が半端なくいい。
日が沈むと一気に寒き唸ったので、ホテルに戻って一枚羽織って、今度こそレストランへ。

港に面したタベルナで海鮮リゾットいたがく。さすが新鮮。
しっかし量が多かったので腹ごなしにもう一周して帰る。夜もお店はけっこうあいているので、歩きやすく、その風景もまたいい。
すっかり10時をまわったけど、ホテルの通りに面したテラスがよくって、コーヒーいただきながらゆっくりくつろぐ。

もう、盛りだくさんな1日やった。