2010年3月18日

スペイン旅行 -コンスエグラ-

トレドから南へバスで1時間弱。同じくラマンチャ州のコンスエグラへ。道中はちょこちょこオリーブ畑が見渡せた。

コンスエグラはスペイン中央平原の中にポツンとある小さな町。その町の南にある小高い丘の尾根に12世紀に立てられた城とともに11基の風車群が並ぶ。これらの風車は粉引用に立てられたそうだがもう使われていないらしい。それでも外観は綺麗なままで、白い壁が真っ青な空に映える。

この丘からは360度の展望が開け、ぐるっと一周すると、コンスエグラの白壁の街並、ブドウやサフランの畑、また乾いた大地が見渡せる。

濃い青空、暖かい陽の光、乾いた強い風、そしてこの風景。旅行はここだけでもいいくらい大満足です。

街に降りて休憩。白い壁と赤茶色の屋根のたてものが並ぶ静かな街並み。

今日の観光はこれまで、ここから4時間(工事渋滞で5時間半ほどかかった)かけて、今日の宿があるスペイン南部のアンダルシア州グラナダへ。

道中は延々と続くオリーブ畑。そして山脈を超える。途中大きなドライブインへ。スペインみんなそんな感じだが、ドライブインもデカイ。しかも空間がでかい。とりあえずでっかく作っちゃえって感じなのか?

これもスペインみんなそうだったが、ツアー会社御用達らしきレストラン以外はスペイン語しか使ってくれない。ヨーロッパ各地の車が立ち寄るドライブインやのに、 「エスプレッソを2つ(英語)」と注文しても、「2つでいいですか?」らしき確認の返事はスペイン語。数字すら英語で言ってくれないし、指で2とかも示してくれないんで、俺の言いたいことは通じているようだったけど毎度不安。せっかくなのでイベリコ豚の生ハムを味見程度にちょこっと食べようと思ったが、「4枚スライスしてちょうだい」の注文のやりとりに数分かかってしまった。(ちょっとイラっとしたけど、さすが味とか香りが濃くて生ハムおいしい。)

コメントする