2008年9月15日

福岡

博多駅に到着。JR九州旅行の看板に「九州・関西・東京・韓国の旅行なら」の文字。韓国も国内感覚な距離なんやな。

普通の路線バスが高速に上るのに驚きつつ、博多タワーへ到着。
全面マジックミラー張りの三角柱のタワー。高さ234mだが登れるのは123mのところまで。三角柱なのでコーナーの角度がいい感じ。

福岡タワーから少し東にあるヤフードームへ。ショッピングモールやら温泉施設が併設されていて普段でも楽しめそう。この日は試合があったので、福岡市の中心街までの臨時の直通バスが出ていて便利。

福岡市中心の天神からぶらぶら歩き回る。さすが九州一の街の繁華街って感じでにぎわっている。そして屋台の数もすごい。

大宰府天満宮へ。特に受験とかのシーズンではないけども、さすが参道の商店街から観光客だらけ。太鼓橋、鳥居、楼門をくぐり拝殿がある。ミストシャワーが導入されていた。梅の季節に来るともっとええんだろなぁ。
一番奥にあるお石茶屋さんで梅ヶ枝餅とお抹茶のセットをいただく。ぱりぱりの薄皮がいい。梅は入っていないものらしい。

食べた物。やっぱりラーメン。「だるま」さんのストレートの超細麺に濃厚こってりっポイけどもあっさり感のあるスープが一番良かった。これこれ!って感じ。
「いろは茶屋」さんの醤油ベースのもつ鍋もうまかった。最後にラーメン入れるともう最高。
あ、明太子食べ損ねてた。

九州どこ行っても、それぞれ特徴があって、そしておいしい食べ物があって旅行しがいがあった。今度はもうちょっとゆっくり回ろう。

コメントする