2006年9月16日

薬研温泉 烏賊様レース 蛇浦風力発電研究所 大間 マグロ丼

恐山からさらに山奥を走ること30分、山奥の秘湯という感じのする渓谷にある薬研温泉へ。ここにあるホテルニュー薬研の露天へ寄る。泉質は弱アルカリ単純泉の無色無臭。まだ宿泊客が来るには早い時間やったためか貸し切りで気持ちよかった。(薬研温泉って書いたタオルがなかった)

海へ出て本州最北端へ向かう。
途中風間浦村の漁港にある風間浦村活イカ備蓄センターで行われる烏賊様レースを見に行く。17時から開始ということだったがギリギリ間にあった。イカをミニ四駆みたいなコースに泳がすレースで、騎手?としても参加できる。そしてサキイカを買うと勝イカ投票券がついてきてかけることが出来る。司会の親父さんがオヤジギャグ連発で予想以上の盛り上がり。で、まだ透明なイカの刺身をいただく。食感がいい。

風間浦村にも風車が2基あった。ここのは近くまで寄れないがライトアップされておりランドマークって感じ。

蛇浦風力発電研究所

エヌイージー・ミーコン社製
水平・アップウインド式
ブレード3枚
ローター直径31m
タワーハブ高さ36m
定格出力400kW
2基

そして今日の宿のある本州最北端の大間町へ。
そしてまっすぐ大間岬へ。マグロ一本釣りのモニュメントがなんかすごい。だいぶ暗くなってたので、岬へはまた明日出直すことにして、大間と言えばマグロということでマグロ丼をいただく。すごい新鮮でトロでもないのにとろける感じでうまい。
そして宿へ。さすが北海道が目の前だけあってか、テレビもラジオも青森よりも北海道の方が良くはいる。

なかなか盛りだくさんな一日やった。