2006年6月 4日

GOAL! 昭和食堂 トランスポーター2

朝一で、GOAL!を見に行く。プロサッカー選手になることを夢見ながらロスで働きながらローカルチームでサッカーをしている主人公が、たまたまスカウトの目にとまり、単身イギリスに渡り、トップを目指す話。まあ、お約束通りに進んでいくサクセスストーリだが、伏線のない、つかんだチャンスを生かし夢に向かって突き進む主人公のこと一本の話で、ストーリーのテンポとかもよく、気持ちのいい映画やった。サッカーの試合自体のシーンは少なくピッチの外での話がメインになっていたのがよかった。(横にズラッと座っていた少年達はちょっと飽きてたようだが・・・。)、ただ、話題づくりってのは大事なのやと思うけど、スーパープレーヤーの出演はなんか妙な現実に戻された感と、無理矢理割り込んでた感があって、なくてもよかったのではないかと思う。
とりあえずこれが3部作の1作目ということで、これ以降も早く見たい。

夜、また映画を見に行く。その前に有楽街の昭和食堂へ。店内が食のテーマパークみたいに、昭和のポスターやら看板やらでおもしろい。メニューは豊富でリーズナブル。

トランスポーター2を見る。静かな生活を好み、契約厳守、名前は不要、荷物は見ない、の自分で決めた3つのルールを厳格に守るクールな裏の運び屋の話。今回の荷物は少年。そしてまた運び屋は事件に巻き込まれていく。クールな主人公がかっこいい。そして、どんな泥に突っ込んでも、跳んだりしても、なぜか傷も汚れもしないピカピカな車もいい。またリュックベッソンだからなのか、剣道が出てきたり、格闘シーンのノリがよかったり、見た目にもイカレてるキャラが入ってるのがまた面白い。前作では彼の生活とルールがだんだんと崩されていくというところが特徴あって面白かったのだが、今回は主人公がクールってところが違うが、わりと普通のアクション映画って感じで、そこだけ期待はずれやったかな。

そして、狭い駐車場に入るときは低いポールに注意。

予定外に2本映画見てしもたけど、両方気持ちのスカッとする映画で楽しめた。

コメントする