2019年5月 1日

ギリシャ旅行 -ミコノス島を巡る-

朝ごはん。ちょっと天気が悪いが回復するそう。
今日はミコノス島のマイナーなところも含めてぐるっと回るツアーに参加。5月1日は休みなところが多い中、ちょうどよかった。
メールで届いた待ち合わせ場所が、レストランの隣の一般車両立ち入り禁止のセキュリティーバーのとこ、ってわからん、と思いながら行ってみる。たしかにわからん、けど、なんとなく人が集まっていそうなところがあったのでそこで待つ。雰囲気的に、いくつかの待ち合わせ場所になっているよう。ってか狭いのに。
で、かなり人が減ってから、やっとお願いしていたところが来た。ちょっと不安やった。

バスに乗ってまずはミコノス島西側をめざすようす。そういや、どこ行くか知らないのでちょっとしたミステリーツアー。
サンジョバンニ教会。かなり新しいとってもちいさな双子の教会。ここの前のビーチは夏でも空いているそうで、ゆっくりできるところらしい。
と、いきなり、超地元なところで、いいツアーな気がする。

オルノスビーチへ。こちらはさっきと違っていかにもリゾートなビーチで、ベッドがズラーっとならんでいる。
まだオフシーズンなのでガラガラやったけど、ちゃんとカフェは空いていた。夏は大変なんやろなという感じ。
駐車場からの道中、レンタルバギーのお店がたくさんあった。坂が多いので馬力が心配ではあるけど、今くらい島が空いていれば気持ちいいやろなと思う。

ミコノス島の地理的な中心地のアノメラへ。
ちょっとしたドライブイン的なところがり、そこにパナギア テウルリアニ修道院がある。パロス島の修道士が16世紀に立てた修道院。他と変わらず白い建物なわけやけども、中の豪華装飾品ながらもやはり荘厳で、雰囲気ががらっと違う。
こちらにはちょっとした博物館があり、当時の装飾品やイコンなどが展示されていた。そしてなにより我々ツアー陣を癒してくれたのは、植木鉢で寝てる猫。狙いすぎやろ。
修道院というとカゲのイメージやったけど、ここは明るくて、所変わればを体感できた。

次は、ちょっとした牧場へ。このツアーの関連施設な様子。ヤギのチーズが有名で結構ヤギ飼ってるとか(たぶん)そんな説明をいろいろ聞く。
で、軽く昼食。どれもこれもミコノスの郷土料理とのことだが、ウーゾという、みるからにやばいお酒でやられる。40度ほどあるそう。周りのおじいちゃんやおばあちゃんたちは飲みまくっていたが、アジア人は無理です。でも、こちらに来てあまり野菜を食べていなかったので、ここでとれたての野菜をたくさん食べられてよかった。

そのあとは北上しいくつかビーチなどを回るとのこと。まずはFteliaビーチ。(発音できない)
南側のビーチは派手に盛り上がってるようなイメージやけど、北側は街がないので、それぞれ静かな感じ。

さらに北上して、夏場でも観光客があまりこないビーチなど。周囲にはリゾートホテルがあり、ゆっくり滞在できるならいいなぁ。

ミコノスタウンに戻る。最後に、ミコノスタウンを見下ろす丘に立ち寄って、ツアー終了。
公共交通機関があまりないミコノスだけに、こうやってぐるっと回って見られるのは楽しい。

今日はミコノスタウンのショップを見て回る。主にはお土産物屋さんが多いのだが、他に真っ白とか真っ黒、銀細工とかのコンセプトを絞ったまさにブティックも多い。

ちょっと早めに夕食。イカのフライに海鮮パスタ。今日も多い。
ホテルに戻ると、ホテルの前の円形野外劇場で伝統ダンスのイベントをやってた。衣装も踊りも伝統的なんだとは思うが、PAに派手なライティングにと今風になっている。
さらにいくつかのチームにわかれて、お子様チームやコメディタッチのチーム、めっちゃキレッキレのチームなど、初めて見たよその人でも楽しめる内容になっていた。こうやって過去から続いてるんやろな。こうやって今風だろうけど生きた伝統を円形劇場に座って見られたのはい経験やった。
最後なんで、夜の街にも繰り出す。