2017年10月 7日

郡上八幡 あかりアート展

美濃市でのあかりアート展を見に行く。
夜に開催されるけど、車が置けなくなるので、早めに行って車置いて、電車乗って郡上八幡を散策。

駅を降りたところは、普通の集落という感じだが、コミュニティーバスで数分進み中心地に入ると、保存地区になっている古い町並みが見えて来る。特に流れの速い水路が多くいのが印象的。















城下町ということもあり、かなり入り組んだ道。保存地区でもそうでなくても、水路が多く、なんなら側溝に隧道なのか別のパイプが通っていたりもする。
道路はゆっくり登ったり降ったりする道も、水路のほうは少し高いいちにフラットにつくられていたりと、とにかく水路が面白い。

水が綺麗ということもあって、サイダーも名物。サイダーフロートが美味しい。
また、駅で、マンホールカードをもらえた。蓋好きをやっているつもりだけど、はじめてget。

美濃に戻る。まだ明るいけど人が増えて来た。
美濃のうだつの上がる町並みが好きなので何度か行っているけど、毎度閑散としていたのに、さすが今日はすごい人。
今年のあかりアート展は、400展以上の和紙を使った作品がうだつのあがる町にずらっと展示される。2日間で10万人近く集まるイベント。
結構、和紙を使った作品なのだが、なるほどーという発想の作品がたくさんあって、なかなか面白い。あかりアート展自体は、入賞作品のみあかりアート館で見ていたけど、どれが入賞するのかわからないくらいレベルが高い。
小・中学生部門もあるのだが、これもちゃんとアートなくらいの作品。
これだけ人が集まるのも納得のいいイベントやった。