2012年12月16日

静岡ポタ

静岡市街をぐるっと回ってみる。スタートは用宗港の公園。アンパンマンな石像などがあった。

丸子川沿いの自転車道を走り、丸子宿へ。1号線から少し入っただけで急に古い宿場町の雰囲気に。知らなかった。
そして焼津との境目にある、通称明治のトンネルへ。朝早かったということもあってか、かなり怖くて重厚な雰囲気。でもよく残ってるなあ。

静岡市中心地へ入り、静岡市美術館で開催中のストラスブール美術館展に寄る(ポタじゃない)。印象派あたりからのモダンアートの展示。幅広く持ってこられた感じで時代の流れを感じられるラインナップやった。

静鉄沿いを走って清水港へ、そして元々鉄道が走っていたらしい自転車と歩道を使って三保へ。鉄道が走っていたのしらなかった。そして、意外と遠かった。三保からの富士山はいつ見ても良い。

いちご海岸通りをひた走り、とちゅう登呂遺跡とかよりながら用宗港へ戻る。
寄り道が多かったけど、意外と広かったので、日本平とか寄れなかった。車の感覚とはえらくちがうなぁ。

コメントする