2008年9月13日

熊本

初九州。
中九州を中心に、何日かに分けて行ったり来たりしたので、行った順番や日付は無視して県ごとにまとめてかく。

熊本城。お濠からの石垣の高さ、なんなら天守でもいいんでないくらいの5階建て櫓、黒と白のラインがきれいな天守と、ものすごく立派。難攻不落って感じ。

熊本城下に広がる熊本の中心街。アーケードの広さとか、人の多さとか、思っていたより大きい街って印象。路面電車も走っていて、全部そうなのか俺が乗った車両だけなのか、木製の床がきしんでいたり、降車を知らせるベルがいかにも鐘を打ったような音だったりで、すごくレトロないい雰囲気の車両やった。

熊本市街地から50kmくらいの阿蘇へ。
途中、風車が見えてきたけど、かなり遠回りせなあかん感じやったのでふもとまで行くのは断念。

天気がイマイチやったけど、阿蘇の高原ドライブは気持ちがいい。車を止められるところも多いので、いちいち止まっては周りを見渡しての繰り返し。森や草原でのどかな風景が続いていたが、中岳火口だけはデカイ噴火口と白煙の迫力。この白煙が有毒ガスを含んでいるらしく風向きによっては退避命令が出るらしい。そして駐車場に止まっている車を見てると、半分は「わ」ナンバー。

熊本で食べた物。
馬刺し。冷凍とかしてないからだろうけど、臭みがないのと、この甘さは、みんなが言っていたとおりたしかに熊本で食べると違う。「たてがみ」という首の脂身の刺身は、コリコリっとした食感と脂の甘みがよかった。そして「ひも」(はらみ)の照り焼きもジューシーでうまい。
熊本ラーメン。太めの麺に濃厚とんこつスープ。しめの一杯にはきついかな。

コメントする