2008年3月21日

カンボジア旅行 アンコールワット

もう言うことなし。お見事。
修復しているってのもあるけど、よく残ってたなぁ

アンコールワットは、幅200mくらいで、一辺1500mくらいの長さの堀に囲まれている。
堀を渡ったところにある門でもすでに豪華な造り。中には(5mくらいかな)ヴィシュヌ神像やデバダーのギャラリーなんかもあり期待が膨らむ。

門を抜けると、広い敷地の向こうのほうに見てきた、アンコールワット。形もやし重厚感と言うのか、とにかくすごい存在感。いやーいい。
中央の参道から見ると3本の塔だけしか見えないが、横の池辺りから見るとちゃんと5本見える。ってか今回来るまで3本やと思ってた。
池の脇にある椰子の木ゾーンにはベッカムヘアー(ってひさびさ聞いた)なサルもいた。かなり人になれている様子。

第一回廊のラーマーヤナのレリーフ。さらに進むと、沐浴の池跡。一面石の廊下ばかりで、これまたありえない感じ。第一回廊を進んでいくと、天国と地獄のレリーフに乳海攪拌のレリーフなどなど物語の一部を描いた大きなレリーフが続く。天井の花状の模様もキレイ。かつてこの一周1.3kmくらいの第一回廊は、砂岩の上に漆を塗り、さらに金箔を貼っていたということ。相当すごかったんやろなぁ。
第二回廊へ入る。レリーフはないが、デバダーの彫刻や窓格子の彫刻がいい。
残念ながら第三回廊や中央塔は修復工事のため入れなかった。

帰りは夕日に映えるのがキレイ。

コメントする