2007年9月 1日

世界陸上大阪大会 8日目

生で100mを10秒弱で走る人と、棒一本で6m飛ぶ人を見たい、ということで大阪へ。

競技場前の公園では協賛各社のブースが並んでいて、特にミズノのブースでは入場制限されるなど大人気。思っていた以上に盛り上がっていた。

競技場に入ってみると、盛り上がっているどころでない大歓声。市販されている席はほぼ満員。
対角の方でやっている槍投げの選手が手拍子を要求しても、こっち側も一緒になりスタジアム全体で手拍子が始まる。
いやーすごい。これだけの手拍子を受けると気持ちいいんやろなぁ。

6m近くまで上がる棒高跳び。後ろのほうの席から見ても高い。
そこまで棒で上がるのもすごいが、あの3階くらいの高さからクッションめがけて落ちるってのも普通なら怖い。

投擲の終わった槍を運んでいくラジコンカーがえらく働き者にみえた。

スタンドの天井にずらーっと掲げられた国旗。どこの国のものかほとんどわからん。

日本の選手が前を走る選手との差をちょっとでも縮めたら、ものすごい歓声。選手のみなさんがレース後のインタビューで「みなさんの応援が後押ししてくれた」的なことをいってはるのが"おやくそく"ではなくてホントやってことがよくわかった。

日本だけでなく、他国のチームでも、どの人がメダルを取っても取れなくてもそれぞれの選手を拍手やスタンディングオベーションで迎える。こういうのがいい。

あそこにいはるメインキャスターの方も(まあ毎日なんやろうけど)身を乗り出して応援してはる感じやった。

リレー。「on your mark」で訪れる静かさで会場全体にじわじわくる緊張感がすごい。「Set」で静かなままであるけど緊張感が一気に最高潮。そしてスタート。見てるだけなのに、たまらなくいい。

男子4x100mでは日本が決勝まで残ってることもあり割れんばかりの声援。いやー興奮した。で、やっぱものすごい速い。動きの速さもそうだが一歩の歩幅が長い。見に来てよかった。

シンプルな競技だけにそのすごさがストレートに感じられて面白い