2007年6月24日

しゃべれどもしゃべれども

腕が上がらず悩んでいる修行中の噺家と、そのもとに話し方を学びにやってきた、うまく話すことができず悩んでいる3人、それぞれが持つ想いを人に伝えられるようになりたいという気持ちを描いた作品。

噺家の師匠、弟子の伊藤四郎さんに国分太一さんの落語は前評判どおりよかったが、何より子役の森永悠希君の落語がすごかったのが印象的。オレはそんなに落語をじっくり見てきたわけではないけど、あの表情と動きは、っとわかるほどのおみごとな枝雀師匠っぷりやった。スゴク練習したのか地なのかわからんけどすごい子供やなぁと思った。
他にも無口な女性役の香里奈さんに、不器用な毒舌元野球選手松重豊さん、ちょっとおせっかいなおばあさん役の八千草薫さんと いいみなさんはまり役で安心して見られた。

落語を用いてはいるが難しいことは全くなかったし、最後まで楽しんで見られる作品やった。

コメントする