2006年12月16日

太陽

太平洋戦争の終戦直前から人間宣言までの昭和天皇の姿を描いたロシア映画。(でもほとんど日本語)
内容が内容だけに日本では公開されないやろうと思ってたけど、ついに公開。
(この映画はフィクションらしいが。)
最後のシーンとか見てると、神と呼ばれている一人の人間の想いを描いた作品に感じられた。
最初の方はあまりにも淡々としすぎていて「ちょっとなぁ」という感じやったけど、所々、有名らしい「あ、そう」とかで笑いをとったり、流れが出てきてだんだん面白くなって行った。
終戦のころってどんな感じの人やったのかわからんけど、昭和天皇役のイッセー尾形さんの役作りはお見事。

コメントする