2006年8月20日

明石海峡大橋ブリッジワールド  明石焼き

明石海峡大橋の主塔の上(約300m)まで登れるという明石海峡大橋ブリッジワールドに参加。このツアーは要予約で開催されており、約3ヶ月前から予約が取れる。1日60人限定なので予約開始と共にすぐ埋まるらしい。

友人達と合流のため新神戸へ寄る。渋滞が一切なかったため早く着きすぎたので、布引の滝とか、異人館とか、やけにでかいコーヒーフロート飲んだりして時間つぶす。

ランチを食べていざ。
ヘルメット、ジャケット、無線で装備をかためツアー開始。
15分ほどのビデオでの説明と橋の科学館での15分ほどの説明を聞いて橋へ向かう。

橋から主塔までは約1km。その間はちょうど車道の下にある鉄のグレーチング通路を歩く。海から約60mの高さで下がすけすけ。距離感覚が全然分からない。
主塔の付け根に付いたらエレベーターでてっぺんまで上がる。

最後に階段を上った先は、もーすっごい高い。気持ちいい。想像以上。もー感動。
表現も説明もできないくらい。

1km歩いている間の行きは橋の説明、帰りは見える景色の説明とツアーリーダーのおじさんの説明はおもしろく、対応は丁寧で写真撮ってくれたりとても親切でよかった。
最後にてっぺんで撮った集合写真と参加番号の付いた記念の認定書をいただいて終了。

説明聞いて、裏側を歩いて、上まで登れて、スゴクいい経験が出来たし、いい企画やと思う。また参加したい。
ちなみに秋が一番見晴らしがいいらしい。

せっかく明石なので、明石焼きこと玉子焼きを食べに行こうと明石市街へ行き、中心地にある商店街でいただく。
ふわふわであっさりでうまい。

そして、いよいよ浜松へ戻る。

今回の夏休みはお出かけや飲み会ばかりで充実していた。