2006年2月15日

promise 無極

しばらく前から腫れがひどくなってきた巻き爪を治すために、休暇を取って病院へ。手術まではいかなかったけど、肉芽を取るために何回か通院する必要があるらしい。
今日の治療はすぐ終わってしまったので映画を見に行く。平日の午前とはいえ、さすがレディースDAY。混んでいた。

「PROMISE」。
少女時代に運命を司る神から「真実の愛を得ることができない」という運命を授かった王妃。その王妃を奪うために反乱を企てた公爵、それを止めようとする伝説の華鎧をつけた無敵の大将軍と過去の記憶を持たない俊足の奴隷の、王妃をめぐる争いと彼らの定められた運命に立ち向かう姿を描いた、恋愛ファンタジー。(何人かの感想を読んで「ファンタジー」って言う人が多かった。たしかに納得)

ワイヤーアクションにアニメのようなCGがふんだんに使われている。これがアニメなら全く問題なく受け入れられるのだろうが、実写なだけに苦手な人はダメやろなぁ、という感じのシーンが多い。ただ、ワイヤーアクションと言っても舞踊な感じの格闘はなかったのが、他とは違うかなとも思う。

中国映画独特の色彩や風景の映像の良さも、ストーリーのテンポもキャスト陣もハマリ役でいい。北京語に詳しいわけじゃないけど、真田広之とチャンドンゴンの北京語も違和感なく見られた。
ワイヤーアクションにアニメのようなCGが受け入れられる人(オレもそうやけど)は、なかなか楽しめると思う。
(でもやっぱツッコミどころ満載って感じはいなめない。)

コメントする