2005年12月 3日

Always 三丁目の夕日

食後みんなで映画を見に行くことに。

「Always 三丁目の夕日」
昭和33年、建設中の東京タワー近くの街での話。
町内みんなが顔見知りでよその人がいたらすぐ分かるとか、呼んだらすぐ来てくれる街のお医者さんをはじめみんなで助け合って暮らしている、そんなおばあちゃん同志の会話で聞いたことある近所付き合いってのが感じられた。
こういう話ってその時代を生きた人が懐かしむ映画って印象があったのだが、この映画はそうではなく、みんなが楽しめ、人の優しさ温かさを感じられる作品だった。
ちらちらとストーリーの各所に伏線を引いてある所もいいし、特に後半は泣けるシーンが並んでいて、また"屈託ない"って感じの子供達もよい。
ほんと心温まるいい作品だった。

コメントする