2005年2月19日

四国旅行1 渦潮

四国旅行。寮をまだ真っ暗な5時半に出発。さすがに道は空いていて順調。
西宮の名塩SAにて大阪合流組と集合のはずが、東京から来る予定の友人が、忙しかったり寝坊したりで、高松へ直接飛行機で向かうらしい。いやーいきなりやってくれる。かなり笑えた。

明石大橋を渡り、淡路島を走り抜け、鳴門大橋を渡って11時過ぎに四国へ上陸。ここで高速を下りて、渦潮の見える鳴門公園へ。天気はギリギリ大丈夫であったが、風が寒い。
あとで知ったのだが、渦潮を見るにはここではなく橋の西側の渦の道へ行くと、鳴門大橋のガラス張りの床から渦潮がみられたらしい。まあ、今度行く機会があったら行ってみよう。
満潮と干潮の時刻で渦が最大になり、その前後1時間が見ごろらしいのだが、この日はちょっと遅かったみたい。でもちゃんと渦巻いておった。常に巻いてるってのが自然の不思議って感じ。ついでに寒い。

再び高速に戻り、高松方面へ。

コメントする