2005年1月29日

伊勢1 伊勢神宮 おかげ横丁

友人達と4人でお伊勢さんへ。今回は行きは伊良湖からフェリーで鳥羽へ渡る。
出航まで時間があったので、名物おおあさり焼きを食べる。さすがに焼いちゃうと小さくなるわけね。でもよいだしが出ていた。

伊勢へ着いたのが昼すぎ。臨時駐車場が出るほど混んでいた。
とにかく「てこね寿司」が食べたいということで、おはらい町の目を付けていたお店へ向かうがいっぱいであったため、同じ「おかげ横丁」にある「海老丸」へ。
大広間に机がたくさん並んでいるといういかにも日本的な雰囲気のお店。てこね寿司に、カニやいかや貝や芋などが入った漁師汁がついている、てこね寿司セットを注文。
てこね寿司は漁師の方の料理で、魚を切り醤油に漬けたのもを酢飯にのせていただく。この店は季節によって魚が変わるらしい。このセットかなりボリューミー。

そして、「伊勢神宮内宮」へ。さすが1月、前回とうってかわって人が多い。人が多い方がいいんやけど、なんか厳かさがないなぁ。

ふたたび、おはらい町へ。「豆腐庵山中」にて「うの花ドーナツ」をいただく。ここは一個単位で買えるのがいい。すごいあつあつ。友人は豆腐ソフトを購入。一口いただいたがちゃんと豆腐な感じがして不思議な感覚であった。
次に、おかげ横町の「豚捨」にてコロッケをいただく。小降りで食べ歩きにはもってこいで、サクサク感と甘さがよかった。これは行列ができるわけだ。
最後に「赤福」。お座敷は落ち着くのだが、ちょっと寒かった。

他にも、和モノ雑貨屋さんなど数軒覗く。「もめんや藍」に木綿の藍染の生地があったのだが、わりと優しい色合いと風合いでいい感じ。麻に飽きたら部屋の布を一気に変えようかなぁ。

と、意外にも時間がなかったので、伊勢神宮周辺食べ歩きのみになってしまったなぁ。
でも、前回と違っていろんな店に入れて楽しかった。

コメントする