2005年1月30日

アルカディア Danish ひむか亭

さて、今週の日曜もお昼ご飯タイミングが一緒になった最近カメラにはまってる友人と、浜松うろうろする。
ひさしぶりに佐鳴台のアルカディアへ行ってみると改装されていた。ベースは変わっていないのだが、車関係の小物が一掃されメルセデスの時計のみになっており、すっきりした。店の表に青のラインを引いてあり、隣の藍染めのお店と合わせた感じ。
やっぱりここの黒コッペパンとテリヤキソースはあいかわらずいい。そーいや、これを上品に食べられる人はいるのかなぁ?

その後、駅前でコンタクトとか買い物を済ませ、帰りに大久保近くの北欧家具[Danish]へ寄る。
外見は倉庫っポイのだが、中は暖かみのある造りになっていた。
北欧家具屋さんといえば、木製で到底買えそうにない高いモノばかりのイメージであったが、ここのは高いとはいえ、まだ手の届く3万円くらいのところからあった。
特に椅子の種類が豊富でどれもこれもよい感じであった。でも買えないなぁ・・・。

夕飯、駅前に行く途中に見つけた鴨江の「九州地鶏専門店 ひむか亭」へ。焼酎の種類が豊富な飲み屋さん的なお店。
意外に(失礼)大当たり。特につくね。つくねといっても小さめのハンバーグみたいな感じで出てくる。お箸で切ろうとするとまるで小龍包みたく肉汁が溢れ出すくらいのジューシーさ。もう串に刺さってるような普通のつくねには戻れない。他にも、見た目はスパイシーな胡椒でも、胡椒の薫りだけで後に辛さが残らない地鶏の胡椒焼きや、雑炊やらを注文。
とにかく、普通にあるメニューやのにオリジナリティあるモノに仕上がっていてそれぞれおいしい。
この店はやばい。通い詰めると他の鶏屋に入れなくなりそうな感じ。

コメントする