2004年11月20日

香嵐渓、狭い暗い道

まだいけるんじゃない?ということで国道473と420で香嵐渓ライトアップへ。

道が狭い!対向車がほとんど来ないんで、それは楽であったが、森の中山を上り下りが続く。
「イージーレフト」とか言ってくれる人が欲しかったほど、道が見えない。気分はラリーの夜間状態。ちょっと目醒めたなぁ。いかんいかん。
ファミリア君思ったより走れるなぁ。でも、外気は5度とかでバイクは寒そうであった。

狭くて暗くてクネクネしてて怖かったが、裏道で大正解。
とばしたかいあってか、ムリかもと思われた9時までのライトアップに間に合った。
8時20分なのにまだまだ人は来るようだ。さすが人気スポット。
ライトアップはいうまでもなく綺麗。紅葉は・・・・先週とあまり変わっていない。おっかしいなぁ。
これでいくと12月はいるんやないか?

帰り、まだやまぬ渋滞を避けるべく、県道39までのショートカットを試みるが、前の車についていって、なぜか県道77号線に。
もう、狭い道はいやだと言って避けたのに、今までに走ったことない狭い道。
対向車とのすれ違いところか、自分もけっこうギリギリ。しかも真っ暗。そんなんが20キロ続いたか?
一人でのっててよかった。助手席とか人がいたら間違いなく酔ってるやろう。

そして国道301に出て、やっとまともな道を走る。
国道301の新城あたりはスゴイ下りのヘアピン連続で、峠やカーブにはいかにも走り屋な車がたむろってる中を駆け下りる。もちろん、タイヤ音はならさない程度に。いかんいかん。

あー、今日は飛ばしすぎた。かなり突っ込みすぎた。反省。

バイク乗りの友人は「狭い県道走り慣れてるから問題なかった」とは言ってくれてたけど、夜やし、寒いし、つかれたやろなあ。
でもって、ファミリア君はドロドロ。

一日へんな道ばっかり走ってごめんよぉ。

運転しながらルートを決める才能はないなぁ。
みんなに何度も迷惑かけてるし、ナビあった方がええかなぁ。

コメントする