2007年1月14日

丁字屋 匠宿 三保の松原 

太いストローミルクイチゴ。ヨーグルトドリンクがベースなんやけどたしかにミルクイチゴで、好きな人は好きやろなぁ。

静岡の丸子にあるととろで有名な丁字屋へ。老舗の旅館みたいな建家。創業400年以上経ってるらしい。メニューはセットがいくつかだけでシンプル。とろろは自然薯ですごくねばっこくっておいしい。

ずっと普通の宿場町なんやろうと思っていた匠宿へ。
ここは竹細工や染めもの、陶芸、サンドブラスト、ガラス工芸、ステンドグラスなど、それぞれ沢山の種類のキットがありそれを教えてもらいながら作るという体験が出来る。
キットには難易度や作成にかかる目安の時間が書いてあり丁寧。だいたい20分から2時間くらいのがあった。同じように見えても、作成時間が1時間近く異なるのがあったりといい目安になっていると思う。
今回は下見ということで、今度は一日がかりで何個かやってみよう。

匠宿の裏には倉庫を改造したプリントTシャツやアンティーク家具を売っているお店があった。プリントの素材がレコード盤みたいな形でズラッと並んでいたのが印象的。趣味やなぁ。

天気がよいので日本平へ。天気が良くても富士山は見えず。いつになったみ見られるのやら。

三保へ。意外とこの半島というか砂嘴は広い。先端の灯台見たりしてから日が沈む頃に砂嘴の中程にある三保の松原へ。
参道みたいな感じでずらっと松が並んだ先に海岸がある。ここが夕焼けがすごい綺麗でいいところ。天気が良ければ富士山も見えるらしいけどやっぱり見えず。

コメントする