2006年6月 9日

嫌われ松子の一生

存在すら知らされていなかった叔母・松子の死を聞かされた青年が、松子が一途に生きすぎ、思いこみが激しかったが故の転落人生を、生前松子が関わった人達との出会いから聞いていく、という話。
ただ人から愛されたいだけなのに、すごく不器用でうまくいかず「何で」を繰り返す彼女にジーンときた。
コメディなのかと思ってたが、何度も裏切られどんどん転落していく松子のけっこう重い話だった。でも、BONNIE PINKやAIのCGやアニメを用いたミュージカルみたいなシーンも織り交ぜつつコミカルというかデフォルメされたタッチで描かれているので、面白く見やすい作りになっていてそれほど後味は悪くないところがよい。片平なぎささんの火サスやオイルショックとかの各時代のニュースがシーンの後のテレビで放映されていたり細かいところも楽しめた。
映画の記者会見では中谷美紀さんが何度も怒られて、、、という事がよく言われていたが、そんなの感じられないくらい良かった。ほかにも豪華出演陣を贅沢に使ったところも中島監督らしさが出ていた。


コメントする