2005年9月 4日

田原臨海風力発電所

天気予報では雨って言ってたのに、雨どころか若干晴れ間も見えてるやん!
ってことでドライブしようと表に出たところ、友人が帰ってきたので道連にして、愛知県の渥美半島にある田原市の風車を観に行く。

途中、まだ遠くにある台風の影響で海が大荒れなのを見て、少し海岸の方へ寄り道。海は真っ白になるほどの大波で、波のせいか海岸は霧のような水蒸気なのか水しぶきなのかで真っ白。いやー怖い。

田原市の「いろは茶屋」で石焼き海鮮飯(そんな感じの名前)を食べる。石焼きビビンバの具が生魚とサラダで、コチュジャンの代わりに特製のみそが入っている。石焼きビビンバのように混ぜるといい感じに魚の表面だけが焼かれて、なかなかおいしかった。

以前連続ターンで盛り上がった蔵王山に登り展望台へ。工事中で展望台に登っても骨組みが見えてていまいち。うーん、夜の方が夜景が綺麗でいいかな?

そしてその蔵王山の麓にある田原臨海地区にある風車へ。風車自体は、すっきりした綺麗なデザインでいい。で、高さ107mとデカイ。
ただ、ここには風車が11基あるのだが、広範囲で配置されているために、いまいちウインドファーム感がない。でもって、あまり観光用でないのか殺風景。もったいない。
まだまだ土地が余ってる感じなので、もっともっと建ててウインドファームとして観光スポットとしていただきたい。


田原臨海風力発電所

VESTAS社製
アップウインド式
ブレード3枚
ブレード直径 80m
タワーハブ高さ67m
最高到達点 107m
発電出力 2,000kW
11基