2005年2月25日

オペラ座の怪人

恋愛ものやったとは知らんかったのもあってか、思ってたより中身があって良かった。
あのオルガンの曲の強さと、ファントムのどこか不気味な歌い方が印象的。
映画やけども、やはりおおかたはミュージカルで、セリフは歌が多い。同じ曲でも違う歌い方したり、おおげさなほどの感情表現がされていて、ちょっと押される感じ。コレに慣れが必要やなぁ。
また時折入る支配人やキラワレもののプリマドンナの歌でのやりとりなんか新鮮なおもしろさがあった。
ってか、ミュージカルってこうなんやろな。
確かに生で見たら迫力あるやろなぁ。でも何言ってるか分からないような気もする。


コメントする