2005年2月21日

四国旅行7 因島市 尾道ラーメン 道中

今治からしまなみ海道に入る。しまなみ海道は全部つながっているのかと思いきや、2つの島ではまだ工事中で島の中を走らなければならなかった。でもそれがよかった。
因島市ではあるが因島の隣の島、生口島でみかん屋さんを発見。知らない銘柄のミカンばかり売っていた。そこでハルミと、1個200円もするが試食したら八朔のように硬いのだけれども濃い蜜が詰まっていてすごい甘かった瀬戸香を購入。
また、さすが因島市。ポルノグラフィティの紅白出場時のお祝い横断幕や、メンバーの子供の頃の写真なんかもこのみかん屋さんに飾ってあった。
なにげに、しまなみ海道は世界初の三連橋や世界一の斜張橋があったらしいのだが、運転していたので見ている余裕がなかった。写真もない。しもたなぁ。

しまなみ海道を渡りきり、尾道へ。尾道と言うことでお昼ご飯で、前に友人が行ったことあるという尾道ラーメン屋さん「東珍康(とんちんかん)」へ。チャーシューが分厚くて、スープがすっきりしていて、いいあんばい。なんでも水にこだわりがあるとか。個人的には天宝と同じような麺がよかった。尾道は思っていたような坂道の街で、路地とか散歩するとおもしろそう。そのうちまた来たいなぁ。

運転を4人で変わりながら11時半ごろ寮に到着。ざっと1300kmとか言ってたかな。


友人の入念な準備もあって実に密度の濃い楽しい旅行やった。
さて次の企画はなにがいいかなぁ。

コメントする