2004年12月25日

ESQERITA68 御前崎

またしても、エスケリータ68へ。
今回はローストチキンサンドを注文。どうやら、ベースのベーグルは毎回変わるらしい。
アイスバナナ抹茶も注文。バナナジュースなんやけども、サッパリな感じで飲みやすい。
うちにも友人宅にもあるという、店の冷ケースに入ってる3本ラインのグラス。
前回来たときも友人と気になってたのだが、メジャーな商品なのだろうか。
また、なにげにおいてあるイームズのエッフェルベースの椅子。どうやら76年製らしい。うーん親近感。

でもってポイントがたまったのでベーグル一つもらう。
焼きたてだったので車に良い薫りが充満していた。


その後、御前崎へ。
灯台下のホテルが閉館して取り壊し中であった。ちょっと寂しい。
ブロンプトンで、埠頭の一番先の風車まで走る。強風のため止まっていたのが残念。
ちょうど4時くらい、小学生の声で、4時ですそろそろ帰りましょう、との放送が港中に入った。
名前も言っている。わざわざそんなことしなくてもと思ったが、こういうのっておじいちゃんおばあちゃんは嬉しいやろなと思う。
風車の名前を付けたり、港の公園の陶盤も小学生の作品が多く、旧御前崎町の小学校と地域の密着性がいいんだろうなと感じた。


で、灯台に戻ると夕焼けがキレイで・・・